真空では生きられない乳酸菌とその生産物質の特徴

MENU

真空では生きられない乳酸菌とその生産物質の特徴

乳酸菌を経口摂取すると、多くは体内にて死滅してしまうと言われています。実際確かにそのような一面があり、その代表は胃酸ですね。
乳酸菌を摂取する方法にヨーグルトがあるのですが、あれは胃酸には非常に弱いです。せっかく乳酸菌を摂取しても、胃酸で死滅して事が多いのですね。ですので乳酸菌にとっては、胃は難関の1つという意見もありますね。

 

真空状態には弱い乳酸菌

 

しかし実は乳酸菌には別の意味での難関もあります。それは空気ですね
そもそも乳酸菌が生き続ける為には、空気は必要です。人間もそれは同じですね。真空状態がずっと続けば、人間は大変な事になってしまうでしょう。
ところでお腹の中は、実は真空状態に近いと言われていて、そこに乳酸菌を入れるとやはり死滅してしまう傾向があるようです。ですのでお腹の中の空気も、乳酸菌にとっての難関の1つと言えます。
ただし死滅をしてしまうと乳酸菌を摂取する意味がなくなってしまうかというと、そうではありません。死滅をしてしまっても、実は腸内で生息している善玉菌には働きかけてくれるそうです。しかしそれでも、やはり「生きている」方が、大きな効果を発揮してくれるようですね。

 

真空状態でも問題ない乳酸菌による生産物質

 

このため乳酸菌サプリメントの中には、乳酸菌をそのまま用いるというよりも、生産物質を用いている場合があります。そもそもなぜ人間が乳酸菌を摂取すると健康になるかというと、その菌類の生産物質のおかげなのですね。
そして生産物質は、胃酸とは関係ありません。また空気の状態とも関係ありませんね。ですので生きている乳酸菌が入っているサプリメントよりも、生産物質が含まれている製品の方が効果を大きいという意見もあります。「真空状態に強い」のは、乳酸菌の生産物質の特徴の1つですね。