EF-2001という乳酸菌とその2つの特徴

MENU

EF-2001という乳酸菌とその2つの特徴

数ある乳酸菌の中に、EF-2001というものがあります。その菌類は、身体の抵抗力を強めてくれる効果が見込まれているのです。
私たちは病気になっても、何とか自力で治ってしまう事があります。それは身体中に含まれている、白血球が活躍をしてくれているからです。

 

白血球に栄養分を与えるEF-2001

 

ところでその白血球に対しては、やはり栄養素を与えてあげる事が大切ですね。それが与えられる方が、やはり白血球も活躍できるものだからです。
では具体的にはどうやって栄養分を与えることができるかと言うと、それが冒頭のEF-2001なのですね。と言うのもその菌類の中には、BRMと呼ばれる物が含まれています。それが白血球を活性化してくれるので、身体の調子が良くなってくれると見込まれています

 

加熱によって効果が増すEF-2001

 

ところでその乳酸菌の場合は、熱が大きなポイントになるようです。全く熱を加えなくても、その乳酸菌はお腹の中で活躍をしてくれるようですね。
しかしあえて熱を加えてあげると、EF-2001と呼ばれる乳酸菌が活性化されるのだそうです。それで白血球をさらに強くパワーアップしてくれると見込まれています。
このためEF-2001と呼ばれる乳酸菌が入っているサプリメントの場合は、加熱調理が施されている物が多いようですね。その方が白血球の力を高めてくれると考えられているからです
また加熱処理を施しますと、日持ちするようになります。いわゆる乾燥状態になりますので、かなり長い間使い続けることができる訳ですね。サプリメントに用いられているEF-2001も、乾燥状態になっている事が多いです。
つまり「白血球に対して栄養素を与えてくれる」のと「熱を加えるとさらに効果が大きくなる」という2点が、EF-2001という乳酸菌の主な特色です。